最近、水素水の人気が上がり、数多くのメーカーが水素水を販売しています。しかし、実際にどのメーカーが良いのか?何が違うのか?という疑問を抱く人が多いのではないでしょうか?

数多くある種類の中でも、とくに人気の水素水を比較しました。

また、よくある疑問として「水素水とミネラルウォーターは何が違うのか?」についても紹介します。

水素水の比較

水素水の比較についてのコップ

水素水を選ぶ上での判断材料となるのは、「水素濃度(PPM)」「使用している水の性質」「1本あたりの単価」です。これらに注目して、人気の水素水メーカー4社の製品を比較しました。

  • 水素濃度(PPM)
  • 使用している水の性質
  • 1本あたりの単価
水素濃度 使用している水 一本単価
浸みわたる水素水 2.8ppm 天然水(熊本県菊池) 165円
仙寿の水 1.6ppm 天然水(霧島山水系) 190円
クリスタル水素水 1.2ppm 天然水(白川水源) 308円
水素たっぷりの美味しい水 1.2ppm 天然水(山口県錦町) 220円

ほとんどの水素水は、天然水を使用しており、水の品質にもこだわって作られています。

ポイント

水素水は、単価の高いものが必ずしも品質が良いわけではありません。水素水の保有量が高く、一本あたりの単価が手頃な製品が、最もおすすめです。

一般的な水素水の平均

水素濃度の平均数値 1.2〜1.4ppm
一本あたりの平均単価 280円

水素濃度が平均を上回っており、一本あたりの単価平均を下回っている水素水を選びましょう。その中でも、より高濃度でコスパが良いものは、「浸みわたる水素水」です。

浸みわたる水素水は、水素濃度が2.8ppmと平均数値を上回っています。単価も一本あたり165円の低価格で、高濃度でコスパも良い水素水と言えるでしょう。

水素水の売れ筋ナンバーワン「浸みわたる水素水」

  • 業界最高水準の水素濃度2.8ppm
  • 特許取得の特殊4層構造アルミパウチ容器
  • 1個あたり165円

詳細を見てみる

水素水とミネラルウォーターの違い

同じ水なのですが、その効果や効能には大きな違いがあります。

ミネラルウォーター

ミネラル分を豊富に含み、美肌効果や、健康維持に効果があります。

水素水

活性酸素を除去する抗酸化力があり、体質改善が可能。身体の健康や、老化防止、アンチエイジングケア効果が期待できます。

水道水は、カルキや塩素によって身体に悪い影響を与えてしまうのですが、水素水、ミネラルウォーターは体にとって良い影響をあたえます。最近では、健康や美容のために水の質にこだわる人が増えてきています。水は命の源とも言われているほど、身体にとって重要な働きをしています。

水素水とミネラルウォーターの効果の違いを比較

ミネラルウォーターと水素水は、どちらがより美容や健康に良いのかを比較していきます。

価格が安いのはどっち?

水素水 500ml 150円~300円程度
ミネラルウォーター 500ml 100円~130円程度

ミネラルウォーターのほうが、水素水に比べると価格が安いと言えます。

健康に良いのはどっち?

水素水は、病気や、老化の原因と言われている活性酸素を除去する働きがあり、健康維持に効果的です。ミネラルウォーターは、身体に必要なミネラル分を16種類含み体に健康を保つ働きをしてくれます。

ミネラルウォーターは、健康維持に効果があり、水素水には、体質改善、病気回復に効果があります。水素水の方が、活性酸素を除去する抗酸化力が高く、健康に良いのです。

美容効果が高いのは、どっち?

美容効果は、水素水のほうが高いと言えます。ミネラルウォーターは、ミネラル分を補充する効果があります。

しかし日本で売られているミネラルウォーターのミネラル量には、規制があり美容に効果的な量のミネラル分が含まれていません。

水素水は、抗酸化力があり、老化防止や、肌質改善に効果的です。水素水を飲むことで、肌が-5歳若返ると言われ、若返りの水とも言われています。

水素水とミネラルウォーターの違い

圧倒的な違いは、抗酸化力にあります。水素水には、体内の悪玉活性酸素(有害な酸素)を還元する性質があります。ミネラルウォーターに含まれているミネラル分にも、この抗酸化力があるのですが、日本販売されているミネラルウォーターのほとんどが、ミネラル分を10%~20%しか含んでいません。

ミネラルウォーターは、水道水よりも身体にとって良いのですが、健康や美容が改善するほどの効果が望めません。

水素水は、抗酸化力があり、老化防止や、病気改善、美肌、ダイエット、便秘、アンチエイジングケアに効果的です。