ワキガを治す方法として、切開手術やレーザー治療などが挙げられますが、これらの治療を受けるのは、ハードルが高いと感じるかたが多いようです。

ポイント

しかし、実際に手術での治療が必要なかたは、重度のワキガの場合のみです。軽度のワキガの場合は、悪玉活性酸素を除去することで、安全に臭いや症状を改善していくことができます。

悪玉活性酸素を除去して、ワキガを改善

水素水の効果 わきが

ワキガの特徴は、「ワキガ独特のツンとした臭い」です。このワキガ臭は、アポクリン腺からでる汗が、雑菌や皮脂たんぱく質と混ざり、酸化するのが原因だと言われています。

つまり汗が酸化することによって、臭いが悪化してしまうのです。

臭いの元である「酸化物質」は、悪玉活性酸素により生み出されます。タバコやお酒、激しい運動、不規則な生活、ホルモンバランス、肥満、ストレスなどが原因で、悪玉活性酸素が体内で増加し、臭いが強くなります。同じワキガ体質のかたでもニオイの度合いが異なるのは、この活性酸素の量に違いがあるからです。

水素水の効果と3つのワキガ臭改善法

水素水には、この悪玉活性酸素を除去する非常に高い抗酸化力があるので、水素水を飲むことでワキガの臭いが軽減されます。

水素水と悪玉活性酸素の関係性

水素水は、悪性の酸素と結びつき、無害な水に変える性質があります。小学生の理科の実験でもおこなった「酸化・還元」のように、水素(H2)+酸素(O2)=水(H2O)となるのです。

水素水は、この還元力が非常に高く、60%以上の悪玉活性酸素を除去することができます。悪玉活性酸素が減少すると同時に、臭いも軽減されます。

これは、わきがに限らず加齢臭などの体臭全てにあてはまります。

制汗剤はワキガを悪化させる

ワキの臭いを抑えるために、制汗剤スプレーを使うかたが多いのではないでしょうか?じつはこれにより、ワキガ臭を悪化させてしまうので、頻繁の使用は避けましょう。

制汗剤を使用すると、毛穴にフタをしてしまい発汗作用を止めてしまうため、体内に毒素が溜まりやすくなります。本来排出されるはずの毒素や汗が、体中に溜まってしまうので、よりワキガを悪化させてしまうのです。制汗剤に頼らず自然な方法で、ワキガ臭を改善していくことが適切です。

水素水でワキガ臭を改善

水素水は、悪玉活性酸素を除去する性質があるので、ワキガ臭が改善される可能性が高いと言えます。なぜなら、この活性酸素が減ることで細胞が活性化され、身体に毒素や悪玉菌などの酸化脂質が溜まらなくなるからです。

つまり、水素水を飲むことでワキガ臭が軽減されるのです。ワキガは、体質や遺伝によるものが原因とされていますが、活性酸素の減少により、体質が改善されれば自然と臭いは抑えられます。

ワキガ手術も臭いを改善する方法のひとつですが、治療をおこなったからといって、必ずしも完治するわけではありません。体質が変わらなくては、ワキガが再発してしまう場合は多いにあります。根本的なワキガ改善には、身体の内側からの体質改善も不可欠なので、水素水で活性酸素を減らしていきましょう。

水素水は本当にワキガに効果がある?

正しい水素水を選べば、わきが臭に効果的だと言えますが、中には、水素分子が抜けてしまっているため、効果の期待できない水素水もあるので気をつけましょう。

正しい水素水を選ぶ上で、重要なポイントは「容器」と「水素含有量」です。

水素は、非常に分子が小さいため、容器によっては分子が通り抜けてしまう場合があります。また、保有量も高いものが良いとされており、その基準値を満たしているものが効果的だと言えます。

水素水は、分子が逃げない「アルミパウチ容器」に含まれており、基準値である「1.2PPM以上の含有量」を満たしているものを選びましょう。トップページにこれらの条件を満たしている、ワキガ臭にも効果的な水素水ランキングを紹介しています。参考にしてみてください。