痛風は、お酒、ストレス、プリン体などで、尿酸血症が増加することで発症します。

水素水は、これらの増加につながる悪玉活性酸素を除去する働きがあり、糖尿病だけでなくあらゆる病気改善にも効果的です。

活性酸素が増加して痛風が発症する

水素水で痛風を改善

活性酸素は、毒性酸素や悪性の酸素ともいわれており、非常に強い酸化力で、あらゆる細胞や遺伝子を傷つけて、身体を酸化(サビ)させてしまいます。

空気中の約2%の酸素は、活性酸素といわれており、人は呼吸から、この悪性酸素を日常的に体内に摂取してしまっています。摂取してしまった活性酸素は、微量であれば抗酸化作用が働き除去することができますが、悪性の活性酸素は、空気中だけでなくストレスやお酒などの生活習慣によっても増加してしまいます。

ポイント

抗酸化作用が追い付かなくなることで、身体のあらゆる細胞がサビてしまい、痛風を発症させてしまうのです。

水素水で痛風改善

水素水に含まれる水素分子で、体の中の約60%の活性酸素を除去することができます。

痛風は、水を多く摂取することでも改善されているといわれていますが、大量の水分摂取は、腎臓に負担がかかってしまうので、水分の取り過ぎには注意が必要です。それだけでなく痛風は、悪化すると腎臓に負担がかかり、腎臓病も引き起こしかねないので、正しい治療をおこなうことが大切です。

痛風改善には、尿酸値を減少させることが重要です。

痛風は、食べ物に含まれるプリン体を摂取の過剰摂取により、尿酸値が増加し発生します。尿酸値を下げる3つの方法として、次の3つの方法があげられます。

  1. 血液をサラサラにする
  2. 糖分を抑制する
  3. 活性酸素を除去する

抗酸化力のある水素水を、毎日飲むことで、60%の活性酸素を無害な水に変えることができるのです。

水素水の還元力と抗酸化力

活性酸素に対抗する抗酸化物質は、ビタミンやコエンザイムQ10、ポリフェノールなどがありますが、水素水には、ビタミンの176倍の還元力があるといわれています。

還元力とは、活性酸素を無害化させる働きのことです。活性酸素を減少させる抗酸化物質は数多くありますが、その中で水素水は、他の抗酸化物質にくらべて、非常に高い還元力をもっています。

水素水は、圧倒的な還元力で体の隅々まで働きかけ、痛風の原因である活性酸素を除去することができるのです。

水素水で尿路結石を防止

尿路結石は、痛風患者の約30〜40パーセントの人に見られる症状です。尿管に結晶が溜まることで、側腹部から下腹部にかけて、非常に激しい痛みを感じます。また、40パーセントに再発症状がみられるので、しっかりと予防をおこなうことが大切です。

尿路結石になる原因は、「酸性尿がでる」「尿量の低下」が挙げられますが、これらはすべて水素水で改善がみられます。

水素水は、酸性尿の原因である脂肪や糖分を抑える働きがあり、水分不足が原因である尿量の低下を防ぐことができます。つまり、尿路結石の防止も可能なのです。実際の研究により、糖尿病・脂肪・糖質(AGE)を抑える結果があると出ています。

Therefore, it has therapeutic potential for renal dysfunction in patient with type 2 diabetes and metabolic syndrome.

(訳:水素豊富水により、2型糖尿病及びメタボリック症候群を有する患者における腎機能障害の治療を有します。)

水素水は、尿路結成対策にもおすすめです。

ただし、水素水の中には、水素分子が抜けてしまい、あまり効果が期待できない製品もあるので注意しましょう。水素水の正しい選び方については、トップページを参考にしてみてください。