水を飲むだけで本当に健康になるのか?インチキではないのか?など、すこし疑ってしまいますよね。

水素の効果は、2007年5月にネイチャーメディスンで研究が認められ、同月に医学界でもその効果が認められています。

ポイント

水素研究の第一人者である太田教授も、「すばらしい抗酸化作用がある」として水素水を絶賛しています。

水素水は詐欺?怪しい?水素の効果・効能は本当?

水素水は詐欺

水素水は、怪しい「ニセ科学だ」というかたもいますが、科学や医学的にしっかりと効果が認められています。現在では、世界各国で「水素水の効果」に関する論文が200本以上も発表されています。

水素水の医学的根拠と検証結果

Molecular hydrogen is a novel antioxidant to efficiently reduce oxidative stress with potential for the improvement of mitochondrial diseases

(訳:分子水素は酸化ストレスを効率的に抑制する新たな抗酸化剤としてミトコンドリア病を改善する)

ミトコンドリアとは、老化や、ガンの引き金となる細胞のことです。老化の原因である悪玉活性酸素の90パーセント以上は、このミトコンドリアで作られています。

老化の原因を明らかにしたプログラム説によると、「ミトコンドリアが減少することで、悪玉活性酸素が増え、老化の原因として繋がる」と記されています。水素には、このミトコンドリアを増加させ、老化を防止、改善する効果があると、日本医学大学の太田教授の実験により明らかになりました。

また水素水が、別名「若返りの水」とも言われているのは、このような実効があるからです。しっかりとした裏付けが世界各国で公示されているので、水素の効果は本物だと言えるでしょう。

しかし中には、水素分子がまったく保有されていない詐欺商品もあるので、購入する際は十分に見極めましょう。

水素水の詐欺商品の見分け方

水素水は、容器や、保有量で見極めるのがポイントです。正しい水素水を選べば、しっかりとした水素の効果が得られます。

容器で詐欺商品を見分ける

詐欺商品を見分けるには、水素が含まれている容器をしっかりと確認することがポイントです。

水素分子は、宇宙一小さいと言われているので、ペットボトルや、アルミ缶などの容器では水素分子が抜けてしまいます。水素が抜けてしまっているものは、ただの水と変わりません。これらは詐欺商品といえるでしょう。

水素水は、分子が抜けづらいアルミパウチ容器に含まれているものを選ぶことがポイントです。最近では、4構造のアルミパウチ容器に含まれている水素水も販売されているので、より拡散率が低いと言えるでしょう。

また、サーバータイプの水素水も、電気分解によってその場で水素を発生させるので良いといえますが、値段が10万円~と高額になってくるので、まずはアルミパウチ容器に含まれている水素水を試してから購入を検討すると良いでしょう。

水素濃度で詐欺商品を見分ける

水素水は、保有量が高いものを選ぶのがポイントです。

水素濃度の目安は、1.2PPM(parts per millionの略;1ppm=0.0001%)以上のものを選びましょう。この数値を下回る水素水には、高い効果が望めません。また、摂取し過ぎた場合でも呼吸から水素ガスが抜けていくので、副作用が一切ないので、多く摂取しても安全だと言えます。

こちら

水素水は、「4構造のアルミパウチ容器に含まれているもの」「水素保有量が、1.20PPM以上のもの」を選びましょう。

水素サプリメントは詐欺ではない?

水素サプリメントは、優良なものだと最大5時間水素ガスを体内で発生させます。しかし、水素サプリメントの中にも、もちろん詐欺商品はあります。

水素サプリメントの詐欺商品の見分け方

水素サプリメントは、含有量が記載されていないものが多いです。どの程度、水素が含まれているのか分らなければ、「効果的なものなのか」の判断が難しいといえます。

しっかりと記載のある水素サプリなら信頼性が高いですが、記載のないものや、含有量がわからないもの、は購入しないほうが良いでしょう。

また水素サプリは水素水と比較すると、体内への吸収が遅く、浸透力が低いため、あまり高い効果が望めません。「偽物」とは言われていないのですが、しっかりとした効果が立証されていないのでサプリメントよりも、水素水のほうが堅実な効果が望めるのでおすすめです。