人気の高い水素水ですが、実際の効果を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?

水素水がもっとも注目されているポイントは、「強力な抗酸化力」です。この抗酸化力が病気や老化の約9割の原因と言われている、活性酸素を除去することができます。

これにより、高い健康効果や美容効果が得られるので、水素水への関心が非常に高まっているのです。

ポイント

私たちの身近な効果として、健康効果や、美容効果があげられますが、医学業界でも高い注目があり、水素治療に関する研究がすすめられています。


実際に水素を医療機関で使用している機関もあり、水素効果の高さは厚生労働省でも認められているほどです。

水素水の効果とは?

水素水の効果とは?

水素水は、体内の細胞やタンパク質、遺伝子を酸化(サビ)させてしまう、酸素ラジカル(悪玉活性酸素)を除去する性質があります。

Thus H(2) can be used as an effective antioxidant therapy;

(訳:水素は、酸素ラジカルの細胞毒性を選択的に還元することにより、治療用抗酸化物質として作用する)

細胞がサビつくことにより、肌細胞が衰えて老化したり、脳細胞に結びつき脳梗塞を引き起こしたりします。このように、活性酸素はあらゆる細胞と結びつき、酸化させてしまうのです。

水素水には、この活性酸素を除去し、老化や病気の症状を防ぐ効果があります。

水素水の美容効果
美肌ケア、ダイエット、しみ、しわ、くすみなど
水素水の健康効果
むくみ、便秘、アトピー性皮膚炎、加齢臭、ワキガ、糖尿病、痛風、花粉症、肩こり、不妊治療、疲労回復、アレルギー体質、生活習慣病、老化防止、心筋梗塞、認知症、メタボリックシンドローム、リウマチ、胃痛、大腸がん、不妊症など

水素水は何が凄いの?通常の抗酸化物質との違い

水素水以外にも、酸化物質(活性酸素)を除去することができる抗酸化物質(ビタミン、ポリフェノール、イソフラボン、ミネラルなど)があるのですが、その他の抗酸化物質と水素水には大きな違いがあります。

水素水は悪玉作用のみを除去する

すべての活性酸素が酸化の原因になるわけではありません。中には、善玉作用を持つ酸素もあります。水素水の優れているところは、悪玉作用と、善玉作用を見分けることにあります。悪玉作用のみを選択し除去するので、身体により良いのです。

通常の抗酸化物質は、水素のように見分けて還元作用がおこなわれないので、善玉作用まで除去してしまいます。微量であれば害はないのですが、大量に除去すれば副作用が生じます。

水素水は、このように高い性質を持っているので注目を得ているのです。

水素水は最も分子が小さい

水素分子は、宇宙一小さい分子なので、その他の抗酸化物資では入り込めない、脳関門や、子宮関門の奥にまで入り込むことができます。

分子サイズの違い

水素
ビタミン 176
ボリフェノール 221
カテキン 290
ビタミンE 431
CoQ10 863

通常の抗酸化物質では、分子サイズが大きいのでこれらの関門を通過することができません。水素水は、身体の隅々にまで行き渡るので、より高い効果が得られるのです。

水素水は還元力が最も高い

水素水は、通常の抗酸化物質の何百倍もの還元力があります。

水素水は、より多くの活性酸素を除去することができるので効果が非常に高いのです。

水素水には、「強力な抗酸化力」「善玉作用は除去しない」「身体の隅々にまで分子が行き渡る」ことから、非常に高い効果が得られるのです。

水素水に副作用はないの?

水素水には、副作用がありません。なぜなら、分子がとても小さいため、活性酸素と結びつかなかったものは、毛穴や口から自然と抜けていくからです。

水素副作用に関する論文が、多数発表されていますが、否定的な意見はひとつもなく、副作用がみられなかったとの結果が出ています。

There are also few side effects involving hydrogen, thus making hydrogen a perfect medical gas candidate for the convention of novel therapeutic strategies against cardiovascular, cerebrovascular, cancer, metabolic, and respiratory diseases and disorders.

(訳:水素水は副作用がほとんどなくすぐれた医療用ガスとして心臓や、脳血管疾患、呼吸器疾患等多くの疾患に適用できる理想的な素材である。)

副作用が一切なく、安全性が高いので、身体に負担がかかりやすい赤ちゃんや、老人も問題なく飲むことができます。

水素水の効果は本当?

水素水を飲むことで、身体に良い傾向がみられるは事実です。

今までに321以上の水素水に関する論文が発表されていますが、否定的な意見はもありません。臨床試験の結果で判断すると、水素水の効果は本当だと言えるでしょう。

しかし、あくまで臨床実験の結果となるので、未だ研究段階なのは事実です。水素水を飲むと確実な治療法としての効果があるのではなく、あくまで改善がみられたということになります。

なぜなら、水素はもっとも身近な活性酸素と結びつくので、集中的に原因要素を治療するのが難しいからです。

たとえば、脳梗塞を改善する場合は、他の活性酸素と結びついてしまうので、原因の近くに水素分子を投入しなくてはなりませんが、脳の構造は複雑なため、容易にできることではありません。放射線治療のように、ピンポイントで改善することは難しいので、治療とまでは至らないのです

最近、水素治療をおこなっている病院もありますが、これらは点滴や薬などで水素分子をもっとも身近な部分に投入します。これにより、改善傾向がみられます。

水素水は、改善傾向があらわれるので効果があるのは本当だと言えますが、確実な効果を得たい場合は長期的に使用をしたほうが良いでしょう。2週間ほど使用すると、水素の効果があらわれます。最近の水素水は、1個あたりの単価が200円と低価格のものが良いものが多いので、手軽に始められる健康美容法としておすすめです。

ただし、水素水の中には、水素濃度が十分に含まれていない、分子が抜けてしまっている、などのあまり効果が期待できない製品もあります。正しい水素の効果が得られる製品を見極めることはとても大切です。トップページに「正しく水素水を見分ける方法」を紹介していますので、参考にしてみてください。