日本人の1000人に1人が、パーキンソン病だと言われています。パーキンソン病とは、活性酸素(どくせい酸素)が増加し、脳細胞を破壊してしまうことで起こります。

主な症状として、静止時の身体の震え、筋固縮、無動、姿勢反射障害など、身体のバランスが取れなくなってきます。

根本的な治療法は2012年現在まだ確立していないが、対症的療法(症状を緩和するための治療法)は数十年にわたって研究・発展しており、予後の延長やQOLの向上につながっている。

ポイント

難病と言われているパーキンソン病を水素水で、克服した事例があります。

水素水はパーキンソン病に効果的

水素水とパーキンソン病

パーキンソン病とは?

パーキンソン病とは、中脳の一部を占める黒質という神経細胞が変性し、脳の伝達細胞であるドーパミンが減少することで、脳からの運動命令がうまく伝わらなくなり、体が不自由になる病気です。

遺伝性によりパーキンソン病を発症する場合もありますが、その多くが黒質ドーパミン神経細胞の変性によるものだとみられています。

まだ治療法が見つかっていないことから、難病(特別疾患)にも指定されています。

しかし、水素水には、パーキンソンの原因と言われている活性酸素を無害な水に変えることができる可能性があります。つまり、活性酸素を除去する可能性があるのです。

パーキンソン病患者18人に実験した結果

9人(通常の水)と、9人(水素水)を飲ませたところ、なんと水素水を飲んだ9人が48週目を経過後、症状が軽減されたという報告がありました。

参考文献:服部 信孝(2014)順天堂大学が教えるパーキンソン病の自宅療法 主婦の友インフォス情報社

完治までは至らないものの、目に見えて症状が軽減されるほどの結果が出たそうです。この臨床実験の結果は、水素水がパーキンソン病に効果的だという裏付けとなります。

さらに、むくみや体調も良くなったとの声もあり、健康状態が明らかに改善されたという声が多くみられたそうです。

水素分子は脳に届く

身体のサビ(活性酸素)を除去する水素水ですが、水素の分子は、宇宙で最も小さい分子といわれており、水素水を飲むことで内臓はもちろん脳にまで、水素分子を届けることができます。それにより脳のサビである活性酸素に直接働きかけることができるので、症状が軽減される可能性があるのです。

パーキンソン病に効果的な水素水の選び方

水素水には数多くの種類があり、中には粗末なものもあります。最近、週刊文集で取り上げられていた記事に水素水の嘘というものがあります。

その内容は、以下の通りです。

「ペットボトルに含まれている水素は、20分~1時間ほどすると中の水素が飛んでしまいほとんど残っていないということが明らかになりました。」

水素が入っている容器によっては、ペットボトルの事例のように、水素がほとんど残っていないものもあるので、選ぶときに注意が必要です。水素水選びに重要なポイントは、容器を含め2つあります。

水素量が豊富に含まれていること

水素水は、水素量が豊富なものを選ぶことがポイントです。水素含有量が高いものは、より多くの活性酸素を除去することができます。つまり非常に高いパーキンソン病の改善、効果が望めるのです。

含有量が0.8~1.0ppm以下のものは、あまり体に良い変化が望めません。なるべく豊富に水素量が含まれている物を選びましょう。

水素容器がアルミチアパウチであること

アルミパウチは、水素を逃がさない構造になっています。最近では、特許取得の4構造のアルミパウチ容器もあり、より水素を逃がさない構造となっているので最もおすすめです。