水素水には高い抗酸化力があり、健康や美容、ダイエットに効果的だと言われ、非常に注目されています。

ポイント

そんな最近人気の水素水に関する情報「効果的な正しい飲み方・選び方」をご紹介していきます。

効果的な水素濃度

水素水は、保有量が「1.2PPM以上」のものを選ぶのがおすすめです。

これ以下の数値の水素水は、抗酸化力が弱く、劇的な身体の変化が感じられないかもしれません。また水素濃度も大切ですが、水素水の容器も重要です。水素分子は、非常に小さく容器によって水素が通り抜けてしまう可能性があります。

水素水の容器の正しい選び方

水素水の効果的な飲み方

水素水容器は、アルミパウチタイプのものを選ぶのがおすすめです。

水素ガスは、とても分子が小さく容器によっては、水素ガスが通り抜けて水素が逃げてしまいます。水素が逃げてしまっている水は、ただの水です。容器によって拡散率が変わってくるので、拡散率の低い容器を選びましょう。 拡散率の高い容器では、水素が逃げてしまいます。

アルミパウチ

水素保持率 ★★★★★
拡散率 0%

アルミチアパウチは、水素拡散率が0%で、いつでもどこでも水素水を手軽に飲むことができます。水素がもっとも逃げづらく、水素保持率も高いと言えます。

アルミ缶

水素保持率 ★★★☆☆
拡散率 40%

水素は、酸素と結びつく性質があります。アルミ缶の場合、酸素が多少缶の中に残っている状態になるので、水素分子が抜けてしまいます。アルミ缶タイプの水素水は、水素濃度が高いものであれば、効果を得ることができます。

ペットボトル

水素保持率 ★☆☆☆☆
拡散率 95%

水素は、ペットボトル容器よりも分子が小さいため、時間が経つにつれて外に抜けてしまいます。拡散率は、ほぼ100%に近く、ほとんど水素が残っていない状態と言えるでしょう。ペットボトル容器に含まれている水素水は、あまりおすすめできません。

正しい水素水の飲み方

水素水は、開封後なるべくすぐに飲む

これは、とても重要なことです。水素分子は、宇宙一小さい分子と言われています。開封後、すぐに水素分子が外に抜けてしまうので、できるだけ早く飲み干しましょう。

アルミパウチタイプのものは、使用後に空気を抜く

アルミ缶、ペットボトルなどは、使用後に空気を抜くことができません。しかし、アルミパウチタイプなら、容器から空気を抜くことができます。水素は、空気と結びつくと濃度が薄くなってしまうので、使用後は空気を抜いて保存をすると良いでしょう。

水素水の効果的な飲み方

一日の摂取量 200ml以上
温度 常温の方が体に吸収が良くより効果的

もっとも効果的な時間、タイミングは、寝起き、運動後、入浴後です。朝起きてすぐは、身体に水分が不足しているタイミングなので、吸収率がより高くなります。同じく、入浴後も水分が不足している時間帯になるので、効果的と言えます。

もちろんどのタイミングで水素水を使用しても、悪玉活性酵素を還元し、無害な水に変えることができます。

効果的な水素水のポイントまとめ

容器は、アルミパウチタイプのものを選ぶ

もっとも重要なポイントです。容器から水素分子が飛んで逃げてしまっては、いくら水素含有量が高くても意味がありません。水素容器は、必ずアルミパウチタイプの物を選びましょう。

水素濃度の高いものを選ぶ

水素濃度の高い水素水は、多くの悪玉活性酸素を、除去することができます。また水素水には、副作用が一さりありません。酸素と結びつかなかった水素分子は、気体となって身体の外に抜けていきます。

水素水の売れ筋ナンバーワン「浸みわたる水素水」

  • 業界最高水準の水素濃度2.8ppm
  • 特許取得の特殊4層構造アルミパウチ容器
  • 1個あたり165円

詳細を見てみる

サーバータイプとアルミパウチの水素水はどちらがおすすめ?

価格で比較

価格で比較をすると、ウォーターサーバータイプの水素水は「10万円〜」とかなり高額になりますが、パウチタイプの水素水は「1個あたり平均200円ほど」で購入できます。圧倒的にパウチタイプのほうが、価格のハードルが低いと言えるでしょう。

安全性で比較

サーバータイプの水素水は「電気分解により水素を発生」させます。科学反応により、水素イオン(金属イオン)が微量に発生するので、水が鉄っぽい味になります。それだけでなく、微量のイオンであれば身体にとって良いと言われていますが、過剰に摂取すると、身体にとってマイナスな影響を及ぼします。

たとえば、悪玉活性酸素のように、身体の細胞を破壊する毒として作用します。1日に過剰に水を摂取しなければ問題はありませんが、多少のリスクはあります。

パウチタイプの水素水は、製法にまでこだわって作られているものが多く、加圧水存溶存方式により「水に圧力をかけて水素ガスをふくませている」ものがほとんどです。この製法であれば、イオンが発生しないので、どれだけ飲んでも身体に害はありません。使用している水も、湧き水や、天然水の場合がほとんどです。このように質の高い水が使用されているので、水道水から作るサーバータイプよりも、パウチタイプのほうが安全性が高いと言えます。

パウチタイプの水素水は、安全性の高い製法で作り、安全性の高い水が使用されているので、身体にとってより良いと言えるでしょう。