水素水には、高いデトックス効果があるので、老廃物を排出する手助けをしてくれます。

むくみを解消するなら、「利尿作用」を高めて老廃物を尿から排出し、「血行促進」を上昇させて体内の巡りを改善する必要があります。

通常の抗酸化物質でもこのような効果が得られますが、水素水は最も高い抗酸化力があり、よりむくみに効果的です。

水素水でむくみ解消

水素水の効果でむくみを改善

むくみ解消で重要なポイントは、「血行促進」「利尿作用」です。

これらが改善することにより、脚、顔などのむくみが自然に治まります。

水素水で血行促進

通常の抗酸化物質は血液にのって運ばれるので、血液の通り道でもある腎臓、心臓、肝臓などに栄養素が吸収されてしまい、身体全体に行き渡りません。しかし、水素水は気体なので、栄養素が届きにくい部分にまで分子が行き渡ります。これにより、体全体の毒素が排出され、血行が促進されるのです。

血行促進には、「ポリフェノール」の成分が有効とされていますが、水素水はその221倍の抗酸化力があります。圧倒的に強いパワーがあるので、より多くの毒素を除去することができるのです。

水素水の副作用のない利尿作用

それだけでなく、水素水には副作用のない利尿作用があります。カフェインは、利尿作用が高いと言われていますが、副作用としてめまいや、不眠があらわれることがありますし、過剰摂取しすぎるとカフェイン中毒を引き起こす危険性もあります。

しかし、水素水にはこのような副作用が一切なく、摂取しすぎた場合でも、体外へと抜けていきます。水素分子は、宇宙で最も分子が小さく、気体なので身体に溜まらないのです。

カフェインよりも、水素水のほうが、有効な性質を兼ね備えていると言えるでしょう。

ポイント

むくみの症状を改善するなら、強力な利尿作用があり、血行促進にも効果的な水素水がおすすめです。

むくみの原因は?水素水でむくみの予防も可能

むくみが改善されたら、しっかりと予防をおこなうことが大切です。水素水は、むくみ予防への効果も期待が持てます。

むくみの原因

  • 睡眠不足
  • 塩分の取りすぎ
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 飲酒
  • 運動不足

むくみの原因として、上記のことがあげられます。

これらの原因により、細胞や、遺伝子、DNAなどを傷つける「悪性の酸素(悪玉活性酸素)」が増加し、身体の隅々にまで、酸素や栄養が行き渡らなくなります。血液細胞が衰えて、水分代謝が低下し、むくみの症状へとつながります。

根本的なむくみの原因は悪玉活性酸素

むくみを改善するなら、悪玉活性酸素を除去する必要があります。

「カリウムの成分」がむくみに有効とされていますが、あくまで水分代謝を良くするだけとなるので、悪玉活性酸素の除去には至りません。

なぜなら、血液細胞が活性化されなければ、むくみの根本的な改善にはならないからです。

水素水には、この悪玉活性酸素を還元する性質があり、根本からむくみを改善することができます。悪玉活性酸素の減少すると、血管細胞が活発になり、血行が促進され、血液と血液の間を通る水分の流れがスムーズになります。

  1. 水素水で血管細胞を傷つける悪玉活性酸素が減少
  2. 血管細胞が活発化して血行促進
  3. 水分の流れがスムーズになる

むくみに有効なカリウムよりも、血管細胞を活性化させることが可能な水素水のほうが、よりむくみに効果的です。

むくみを改善することで血液の循環がスムーズになります。根本的な代謝向上につながりダイエットにも効果的です。

ミネラルウォーターと水素水どっちがむくみに効果的?

活性酸素を除去するのに、ミネラル分が効果的です。しかし、日本に輸入されているミネラルウォーターには、規制があり十分なミネラル分が含まれていないものが多く、むくみを改善するほどの効果は望めません。

水素水は、活性酸素を除去する強力な抗酸化力があるので、比較をしてみると圧倒的にむくみに対する効果が高いといえます。

水素水をどのくらい飲めばむくみに効果的?

一日に摂取したほうが良いといわれている水分量は「1.5L」くらいです。ちょうど大きいペットボトル一本くらいの量になります。

しかし、毎日1.5Lの水素水を飲むのはコストがかかります。一日に還元できる悪玉活性酸素の量は決まっているので、一日に200ml〜500ml程度のむのが理想的です。

ただし、少しだけ注意点があります。水素水を飲むときはなるべく常温で飲みましょう。冷えた水素水を一気に飲むと、血管循環が悪くなり身体がむくみやすくなります。

また、水素水を飲むタイミングは、できるだけ就寝前を避けるのがおすすめです。就寝中は、身体が活発に動いていないので、水分や血液が流れにくくなるので、就寝前に水分を過剰摂取すると、翌朝、顔がパンパンになってしまいます。なるべくタイミングや量、飲み方などを意識して水素水を飲むと、より高い効果が望めるでしょう。