昔理科の実験でおこなった「電気分解」のように、電気や金属を使用しなくても、自宅で簡単に水素水を生成する方法があります。

ポイント

水素水を家庭で作り出す方法として「マグネシウムスティック」と「水素生成器」の2種類の方法があります。

自宅で簡単に作れる水素水の作り方

自宅で作れる水素水のキット

水道水を入れるだけで簡単に水素水が生成できる「マグネスティックタイプ」

10cmほどのスティックにマグネシウム、風化サンゴ、トルマリン、抗菌石などが含まれており、自宅の水道水に、マグネスティックを入れるだけで簡単に水素水が生成できます。

マグネスティックタイプの水素水のメリット、デメリット

メリット デメリット
価格が安い 使用方法が簡単
12時間以上時間を置かなくてはいけない 徐々に水素が抜けて水素濃度が半減する

マグネスティックタイプのものは、初期投資の価格が安いので、とても魅力的に感じますが、時間が経つにつれてだんだんと水素濃度が薄くなってしまいます。高濃度の水素水を探している場合は、サーバータイプか、アルミパウチ容器の水素水がおすすめです。

サーバータイプの「水素生成器」

ペットボトルや、アルミ缶、瓶などに含まれている水素水は、開封後20分~1時間ほどで水素分子が抜けてしまいます。しかし、水素生成器は、3ヶ月以上も水素分子を維持することができます。いつでも好きな時に、水素水を飲むことができますし、コスパも良いので長期的に使用したいかたにおすすめです。

サーバータイプの水素水のメリットデメリット

メリット デメリット
長期的なコスパが良い 水素含有量が高い
初期投資が10万円~と高額 外に持っていけない

サーバータイプの水素水なら、高濃度の水素水をいつでも飲むことができます。ただ水素水は、分子がとても小さいため、水筒やペットボトルに移し替えると分子が容器を通り抜けてしまうので、外への持ち出しには不向きです。

外出先で水素水を飲みたい場合は、アルミパウチ容器の水素水がおすすめです。こちらであれば、外出先でも手軽に水素水を飲むことができます。

水素水を飲んで2週間で効果が現れる

2週間、水素水を毎日飲み続けることで、身体に溜まった悪玉活性酸素が除去され、嬉しい効果が現れ始めます。もっとも分りやすい変化は、便の臭いです。

体調が悪い、不摂生を繰り返している、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、活性酸素(悪玉菌)は、腸に溜まりやすくなります。便から悪臭がする場合は、腸の調子が悪く、悪玉菌が溜まっている証拠だと言えるでしょう。

しかし、水素水を飲むことで、腸に存在している悪玉菌を、無害な物質に変えることができるので悪臭便が改善されます。

その他にも水素水を飲むことで、「体調が良くなった」「肌の調子が上がった」「体が軽くなった」など、身体の嬉しい変化も実感することができます。

もっと手軽に水素水を飲む方法

自宅でも簡単に水素水を作ることができますが、マグネスティックの場合、12時間以上時間を置く必要があるので、生成までにやや時間がかかります。またサーバータイプのもは、容器に移し替えることで水素が飛んで抜けてしまうので、外出先などで飲むことができません。

手軽に水素水を飲むなら、「アルミパウチ容器」の水素水がおすすめです。アルミパウチ容器の水素水なら、持ち運びも可能で、水素分子が逃げない容器となっているので、サーバーと同じように長期保存も可能です。

その中でも、とくに「浸みわたる水素水」は水素含有量が高く、さらに外出先でもすぐに水素水を飲める手軽さがあります。手軽に水素を試すなら、こちらを試してみると良いでしょう。

水素水の売れ筋ナンバーワン「浸みわたる水素水」

  • 業界最高水準の水素濃度2.8ppm
  • 特許取得の特殊4層構造アルミパウチ容器
  • 1個あたり165円

詳細を見てみる

トップページに水素水の詳しい情報が載っているので、参考にしてみて下さい。