口臭は、自分では気づくことが難しいとされています。実際に、厚生労働省の調べによると、約3.3万人のうち10%が「口臭が気になる」と回答しました。10%と聞くとやや少なく感じますが、この結果は自己回答によるもので、無自覚のかたが多いことが読み取れます。

最近では、このような自覚症状のないかたを「スメルハラスメント」と呼び、社会的に問題視されています。

こちら

次のような症状に当てはまる人は、もしかしたら口臭がしているかもしれません。その他にも口臭の原因は多くありますが、代表的な3つの口臭の原因を挙げていきます。

口臭の3つの原因

水素水の効果で口臭を改善

口内に、細菌や、血液、唾液が、活性酸素により酸化することで、悪臭を放ちます。これらの口臭は、抗酸化作用をもつ水素水で改善されるかもしれません。

虫歯がある

虫歯は、最も口臭が強いと言われています。虫歯が原因で、神経が膿んでしまい、虫歯によって空いた穴に食べカスが入り酸化することで、口臭へと繋がってしまいます。虫歯は、悪化すると歯周病などにも繋がってしまうので、早めに治療改善していきましょう。

ドライマウス

ドライマウスとは、口が乾燥している状態のことです。唾液がベトベトしている状態の人は、ドライマウスの可能性が高いかもしれません。緊張時やストレスや疲れを感じた時は、口が渇きやすくなるので、なるべく水分補給を心がけましょう。

活性酸素が増加している

悪玉活性酸素の増加は、虫歯や、ドライマウスの原因になります。口臭は、悪玉活性酸素を除去することで改善されます。

ポイント

悪性活性酸素が増加は、善玉菌や細胞を攻撃してしまい、口の中が酸化しやすい状態になります。口臭改善にもっとも効果的な方法は、悪玉活性酸素を減らすことです。

悪玉活性酸素とは

悪玉活性酸素とは、「ヒドロキシルラジカル」とも言われ、身体の細胞や遺伝子を、非常強い力で攻撃する毒性の酸素です。口臭は、身体が活性酸素に攻撃されているサインです。反対に細胞が健康な状態の人、または正常な状態の人は、臭いが薄くほぼ無臭に近いのです。

もっとも分りやすい判断方法は、おならの臭いです。おならのニオイが臭い、または便のニオイがあるという人は、体に異常が出ている現れなのです。

水素水で口臭改善

悪玉活性酸素は、水素水で60%除去することが出来ます。

水素水の他にも、悪玉菌に対抗する抗酸化物質はあるのですが、水素のほうが抗酸化力が高くより多くの悪玉菌を除去することができます。

また水素は、抗酸化力が高くだけでなく、分子がとても小さいので細胞の奥まで入っていくことができるメリットもあります。口臭の原因である悪玉活性酸素を除去することができるので、ドライマウスや虫歯予防、歯周病予防にもなるのです。

水素水の正しい選び方のポイント

水素の中には、分子が抜けてしまっている、あまり効果の期待できない商品もあるので正しく選ぶことが大切です。

水素分子は、非常に小さいので含まれている容器によっては、分子が通り抜けてしまってまったく含まれていないものがあります。見た目や味は、普通の水と変わらないので、見分けるのがとても困難なのです。

水素水は、なるべくアルミパウチ容器に含まれているものを選ぶのがポイントです。トップページに水素水の選び方や水素水ランキングがあるので、参考にしてみてください。