30代を過ぎると、加齢臭が気になってきますよね。最近では、女性の人も加齢臭で悩む人が増加している傾向にあるそうです。この加齢臭は、原因である悪玉活性酸素を除去することで抑えられます。

加齢臭の原因「悪玉活性酸素」とは?

悪玉活性酸素は、身体の皮脂や汗を酸化させてしまう、毒性のある酸素です。悪玉活性酸素は、ストレス、タバコ、肥満、不規則な生活、脂食生活などが原因で増加します。さらに年齢を重ねると、悪玉活性酸素に対抗する作用(抗酸化作用)が衰えて酸化蓄積されていき、より臭いが悪化してしまいます。

加齢臭(ノネナール)は、この悪玉活性酸素が蓄積されることが原因なのです。

加齢臭の臭いってどんなニオイ?

加齢臭の臭いは、「チーズのような臭い」「古本のような臭い」「ろうそくのような臭い」「しばらく置いた天ぷら油のような臭い」と言われています。あまりよい臭いとは言えないですね。

水素水と3つの加齢臭改善法

水素水の加齢臭改善法

衣類を清潔に保つ

加齢臭は、衣類に付着した臭いが原因です。衣類に付着した臭いが酸化し、さらに強い臭いを発してしまうのです。特にシャツは、臭いが浸透しやすいので、洗濯機で浸けおき洗いをおこない臭いを除去しましょう。

こまめに身体を洗う

人には数多くの毛穴があります。その毛穴から臭いが浸み出ているので、身体をこまめに洗い清潔に保つことがポイントです。汗をかいた場合は、帰宅後なるべくすぐに身体を洗い、臭いを洗い流しましょう。

抗酸化力のあるものを摂取する

加齢臭の根本的な原因は、悪玉活性酸素によるものです。悪玉活性酸素は、抗酸化力のある成分や、栄養素を摂取することで、除去することができます。悪玉活性酸素が減少すると、加齢臭が改善します。

水素水で加齢臭を改善

水素水は、加齢臭の原因である活性酸素を除去する、非常に高い抗酸化力があります。

活性酸素を減少させるには、抗酸化力のある食べ物や摂取することが効果的です。 加齢臭改善に効果的と言われている抗酸化物質は、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カテキンなどですが、その中でもビタミンは、より高い抗酸化力が高いと言われています。

しかし、ビタミンよりも、さらに高い抗酸化力を持っている物質が、じつは”水素水”なのです。水素水には、ビタミンの176倍の抗酸化力があり、活性酸素の60%を除去することができます。それだけでなく水素分子はとても小さく、ビタミン分子では侵入することができない細胞核にまで入ることができるので、よりも多くの悪玉活性酸素を除去することができるのです。

ポイント

水素水は、ビタミンより高い抗酸化力があり、加齢臭の原因である活性酸素を除去することで、根本的に加齢臭を改善することができるのです。

水素水には副作用がない

抗酸化力のあるビタミンを摂取しすぎると、副作用を起こす場合があります。しかし水素には、副作用が一切ありません。水素水は、気体ガスなので、摂取しすぎても、自然と体の外に飛んでいきます。つまり水素水は、副作用がないので飲めば飲むほど、加齢臭の原因である活性酸素を除去することができるのです。

水素水の選び方のポイント

水素水は、気体ガスなので容器によっては、水素が飛んでしまい水素が抜けてしまっている物もあります。水素水は、正しく選ぶことがポイントです。トップページに水素水の選び方を紹介しているので、参考にしてみてください。