水素水は、有名アスリートであるイチロー選手や、プロゴルファーの石川遼選手が使用していることで話題になりました。

なぜ水素水は、有名アスリートに人気があるのか気になりますよね。その理由は、水素水を飲むと、筋肉疲労が改善されるからです。

水素水はなぜ有名アスリートに人気なの?

水素水の効果で筋肉疲労を改善

それは、運動をおこなう前に水素水を飲むと、乳酸の上昇が抑えられて、筋肉疲労が溜まりづらくなるからです。

激しい運動をおこなうと、筋肉が硬くなり、疲労物質が溜まりやすくなります。しかし、筑波大学の研究により、「運動前に水素水を飲むと、筋疲労が抑えられる」との興味深い臨床試験の結果がでました。

筑波大学の研究により分かった水素水の筋肉疲労改善への効果

三ヶ月間、ラグビー部の10人の学生に、「練習の前日の夜500ml」「寝起きに500ml」「トレーニング直前に500ml」に水素水を摂取して筋力トレーニングをおこなった結果、乳酸の上昇が抑えられ、筋疲労が抑えられました。

Adequate hydration with hydrogen-rich water pre-exercise reduced blood lactate levels and improved exercise-induced decline of muscle function.

(訳:事前運動と十分な水素水の補給は、血中乳酸濃度を減少させ、筋機能の運動誘発性低下を改善しました。)

つまり、水素水を直前に飲むだけで、筋肉疲労が抑えられ、パフォーマンス力が向上した臨床結果がでました。

このように、水素水を飲むことで疲労が抑えられて、よりよいパフォーマンスへと繋がるので、有名アスリートに人気があるのです。

水素水はなぜ筋肉疲労に効果的?

水素水は、疲労の根本的な原因である、悪玉活性酸素を除去する非常に高い抗酸化力があるからです。

運動をすると、酸化ストレスが生じ、体内の活性酸素が増加します。活性酸素とは、非常に毒性の強い酸素で、あらゆる細胞、遺伝子、DNAを破壊してしまい、筋肉が損傷をしたり、炎症へとつながります。

水素水には、この毒性の強い体内酸素を60パーセント以上除去する作用があり、体内のエネルギーの元となるミトコンドリアが増加し、身体の内側から疲労が回復します。

このように水素水は、筋肉や、細胞を攻撃する酸化作用のある物質を、無害化することができるので、筋肉疲労改善に効果的なのです。

水素水で筋肉疲労を改善

水素水は、運動前から疲労物質を溜まりにくくさせる体質が作られるので、パフォーマンス中にも運動量が減少しづらくなります。つまり、持久力、身体能力などが向上するのです。

たとえば、サッカー選手は前半、後半と、ほぼ90分走り続けます。1試合に対する平均総距離は、「12km」と言われており、プロのサッカー選手でも90分間フルで、同じパフォーマンスを保つのは至難の業です。

しかし、水素水により、疲労物質が溜まりづらくなれば、アップダウンによる膝への炎症や、ふくらはぎへの筋疲労が起こらなくなります。つまり、全体を通してのパフォーナンス力が向上するのです。

筋肉の疲れは、ストレッチや、マッサージでも和らげることができます。しかし、これらはあくまで、運動後の疲労を和らげるものになるので、動作を向上させるなら水素水を使用するのがよいでしょう。

また一般の人の場合でも、毎日水素水を飲むと、疲労物質が溜まりづらくなるので、筋肉痛の防止や、身体が疲れにくくなる、疲れが改善しやすくなる、といった疲労回復への効果も期待が持てます。

プロアスリートは水の質にもこだわっている

プロのスポーツ選手は、毎日飲む「水の質」にもこだわっている人が多くいます。水は、心臓、腎臓、肝臓に水分を供給し、身体の約60%以上が水分でできているので、水の質にこだわると健康状態が回復するからです。

水素水が人気の理由は、「高品質な水を使用していること」にもあります。水道水は、塩素消毒がおこわれているので、あまり質の良い水とは言えません。またミネラルウォーターは身体に害がありませんが、そこまで高いミネラル分が含まれているわけではないので、飲んで健康になるといった効果が望めません。

しかし、水素水には健康や美容、病気に効果的だと言われている「高い抗酸化力」があり、使用にもこだわっているものが多く、そのほとんどが天然水、湧き水で作られています。とことん身体に良い水と水素だけで作られており、非常に性能が高いので、水の質にこだわるプロアスリートの人にも非常に人気が高いのです。

筋肉疲労に効果的な水素水の選び方

水素水は、数多くの種類があり、必ずしもすべての水素水が、筋肉疲労に効果的なわけではありません。中には、あまり高い効果が期待できないものもあるので、水素水は正しく選びましょう。

トップページで水素水の選び方や水素水ランキングを紹介しているので、参考にしてみてください。