水素水は、健康に良いと言われています。しかし、本当に水素水を飲むだけで健康になれるのだろうか。本当に効果があるのだろうか。そういった疑問を抱く人も少なくありません。

人の身体にとって水は、命の源とも言われているほど、必要不可欠なものです。人間の身体の60%以上は水分によってできており、すい臓、腎臓、肝臓、心臓とあらゆる臓器に水を絶えず送っているのです。

ポイント

なるべく質の良い水を供給することは、身体の健康のために大切なことです。

水素水の副作用は大丈夫?

水素水の副作用

水素水の最大のメリットは、副作用がまったくないことです。

たとえば、ポリフェノールなどの抗酸化物質を過剰に摂取しすぎると、体に悪影響を及ぼす場合がありますが、水素水には副作用が一切ないので、飲めば飲むほど体に良いと言われています。

水素に関する文献によると、次のように述べられています。

There are also few side effects involving hydrogen, thus making hydrogen a perfect medical gas candidate for the convention of novel therapeutic strategies against cardiovascular, cerebrovascular, cancer, metabolic, and respiratory diseases and disorders.

(訳:水素水は副作用がほとんどなくすぐれた医療用ガスとして心臓や、脳血管疾患、呼吸器疾患等多くの疾患に適用できる理想的な素材である。)

水素に関する論文は、世界各国で200本以上発表されていますが、その中に否定的な見解はひとつもありません。水素水は、副作用がなく安全性が高いと言えるでしょう。

水素水は好転反応がある?

好転反応とは、身体に起こる、一時的な反応のことです。水素水は、副作用が一切ありませんが、好転反応が現れる場合はあります。おもに、老廃物や、毒素が尿から排出されることで、尿の色が濃くなったり、血液循環が良くなることで、身体にほてりを感じたりする場合があります。

この反応が出た場合は、治療効果がある現れです。毒素が排出されている証拠なので、続けて使用していくと良いでしょう。

水素水にはなぜ副作用がないの?

水素水は気体なので、悪玉活性酸素(毒性酸素)と結びつかなかった分子は、毛穴や呼吸から身体の外へ抜けていきます。

水素には酸素と結びつく性質があり、身体の中の毒性酸素のみを選択し還元するので、副作用がまったくありません。過剰に摂取しすぎた場合でも、体外へと排出されるため、安全性が非常に高いのです。

抗酸化物質の過剰摂取による副作用一覧

悪玉活性酸素に対抗する抗酸化物質の中で、副作用がないのは水素水のみです。抗酸化物質を摂取し過ぎた場合は、次のような症状がでます。

抗酸化物質 過剰摂取した場合の症状
水素水 副作用なし
ビタミン 食欲不振、おう吐など
コエンザイムQ10 血糖値低下
β-カロチン 肌が黄色くなる
ポリフェノール 肌が乾燥する
プラセンタ 肌に痒み、ニキビができる

上記のように抗酸化作用の中で、水素水だけ副作用がないため、人気が高まっているのです。

水素水が体の健康に良いのはなぜ?

水素水は、健康に良いと言われていますが、本当に水素水を飲むだけで健康になれるのだろうか。本当に効果があるのだろうか。そういった疑問を抱くかたも少なくはありません。

水は、命の源とも言われているほど、私たちの身体にとって必要不可欠な存在です。成人の身体の約60%以上は水分によってできており、すい臓、腎臓、肝臓、心臓とあらゆる臓器に水を絶えず送っているのです。なるべく質の良い水を供給することは、身体の健康のために大切なことなのです。

このように水はとても大切ですが、同じく酸素も無くてはならない存在ですが、空気中の酸素の約2%は、活性酸素(毒性をもつ酸素)といわれています。

私たちは、日常生活の中で、微量ですが悪性の酸素を吸ってしまっているのです。微量の活性酸素であれば、ビタミンなどの抗酸化物質で還元(無害化)することができますが、還元できる量は限られています。

また活性酸素は、空気中の酸素だけでなく、ストレスや、タバコ、お酒、不規則な生活などでも増加し、さらに活性酸素は、年齢とおもにだんだんと蓄積されていきます。

病気の原因の約9割が悪玉活性酸素によるもの

この活性酸素が蓄積されると、細胞の修復をおこなっているミトコンドリアが減少し、攻撃性の強いヒドロキシルラジカル(悪玉活性酸素)へと変わります。この悪玉活性酸素が、遺伝子や細胞を破壊するため、病気や老化へと繋がるのです。

現に水素水の文献によると、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、痛風など、病気の原因の約9割は、悪玉活性酸素が原因だと言われています。

水素水には、悪玉活性酸素を除去する抗酸化力が非常に高く、分子が非常に小さいため、ビタミンなどの抗酸化物質では入り込むことができない、脳や子宮などの奥の悪玉活性酸素まで還元することができます。

健康のために水素水が良いと言われているのは、あらゆる抗酸化物質の中でずば抜けて高い特質をもっているからです。

こちら

水素水は、ビタミンの176倍の抗酸化力があり、さらに分子がとても小さいので、ビタミン分子が入りこめない箇所の活性酸素まで、除去することができます。

活性酸素の還元力ナンバーワンは水素水

ビタミンC、ポリフェノール、コエンザイムQ10、カテキン、ビタミンEの抗酸化物質の中で水素水は、還元力(無害化)がNo1と言われています。科学的にも効果が証明されており、水素(H2)は、活性酸素(O2)と化学反応を起こし、無害な水(H20)になるのです。

水素水の還元力は、あらゆる抗酸化物質の中で、もっとも高く評価されています。

健康に良い水素水の選び方

水素水はとても分子が小さいため、中には容器によっては分子が抜けてしまい、まったく含まれていない粗末な水素水もあります。水素水は、正しく選ぶ必要があります。

水素水の選び方については、トップページに詳しく記載されていますので、参考にしてみてください。