水素水を飲み始めてすぐに感じられる効果として、「便、尿、おならの悪臭」が変化したということが挙げられます。これらの臭いは、身体の異常を知らせてくれているサインなので見逃してはいけません。

悪臭便と悪臭尿の原因は、悪性の活性酸素によるものです。

悪臭便と悪臭尿の原因

水素水の効果 悪臭便や悪臭尿改善

悪臭便や、悪臭尿の原因は、活性酸素です。水素水には、この活性酸素を除去する「強力な抗酸化力」があるので、これらの症状が改善されます。

便や尿の臭いがするということは、腸内環境が悪化している証拠です。腸内には30,000種類以上の細菌が存在し、このような環境を「腸内フローラ」と呼びます。主に悪臭便や、悪臭尿は、腸内フローラに存在する、腸内細菌、またはその死骸が原因だと言われています。

この細菌増加の原因や、死骸の発生の原因こそが、「活性酸素」なのです。活性酸素は、非常に毒性の強い酸素で、腸内のあらゆる細菌を攻撃して、酸化させてしまいます。これにより、腸内環境を守っているビフィズス菌や、乳酸菌などの善玉菌までも殺してしまいます。

水素水は、腸内に潜伏している活性酸素を還元し、水に変える性質があります。つまり水素水を飲むことで、悪性活性酸素を除去し、腸内フローラを正常な状態に戻すことができます。

水素水の嬉しい効果で悪臭便や臭尿を改善

水が体の中に流れる速度はとても速く、水素水を飲むことで、ほんの数時間でテニスコートの広さほどある腸内を隅々まで洗浄をすることができます。

水素水は、腸の壁にこびり付いている汚れを中和し、有害な悪性の活性酸素を次から次へと水に変えていきます。さらに腸内の悪玉菌が減るということは、善玉菌が増加するので、腐敗した腸内を発酵させることができるのです。「発酵」とは、腸内の免疫力を高め、悪玉菌の侵入を防ぎ防御壁を築いてくれる、体にとって必要なNK細胞を生み出す働きのことです。

腸の異常はあらゆる病気に繋がる

病気のほとんどの要因は「腸から来る」と言われているので、腸内環境を整えることはとても大切です。腸の異常が原因で起こる代表的な病気として、大腸がんが知られています。その他にも、アレルギーやアトピーなども腸の異常が原因です。

水素水は、悪玉活性酸素を除去し、腸内環境を整えることができるので、あらゆる病気を防ぐことができるのです。それだけでなく水素水を飲むことで、腸内の流れをスムーズになり、消化が良くなることでダイエット効果も期待できます。

消化が改善されることで、にきびや吹き出物といった肌荒れもしなくなり、美容にとっても良い効果をもたらしてくれます。

炭水化物ダイエットは汚れ腸の原因に

腸の善玉菌のNK細胞は、たんぱく質から栄養を摂取しています。炭水化物ダイエットは、一時的を減少させることができますが、それによって善玉菌が減少し、腸内が汚れ便秘といった症状に繋がってしまいます。腸内環境が悪化すると、痩せにくい体質となってしまうのです。

それだけでなく腸内環境が悪化した状態でダイエットを辞めると、リバウンドを招きやすくなります。ダイエットもまた、腸内を正常に保ちながらおこなうことが効果的です。とくに炭水化物ダイエットは、水素水と併用して、腸内環境を整えつつおこなっていくのがおすすめです。

水素水と普通の水の違いについて

水素水は、普通の水と何が違うのかという疑問を抱く方が、とても多くいます。ミネラルウォーターや、水道水では、活性酸素を除去する抗酸化力が無いので、悪臭便、悪臭尿を改善を改善することわできません、しかし水素水には、活性化酸素に対抗する抗酸化力があるので、腸内洗浄が可能なのです。

水素水選びの注意点

水素水には、様々な呼び方があり、活性水素や還元水素と言った呼び方をする場合があります。どちらも呼び方が違うだけで、効果や効能に違いはありません。水素水は、種類や効果で選ぶのではなく、容器や水素量で選ぶ事がポイントです。水素水の中には、水素分子が容器を通り抜けてしまい、水素が抜けてしまっている物もあります。

分子が抜けてしまっている水では、水素の効果を得ることができないので、正しく選ぶことが大切です。トップページで、詳しい水素水選びのポイントや水素水ランキングを紹介しているので、参考にしてみてください。