バンビは、手軽に水素を作ることができる生成器タイプの製品です。生成時間が10分と非常に短く、手持ちのコップやグラスでも水素を発生させることも出来るのでとても使い勝手が良いです。

おっけい

バンビの最大のウリは、1.4ppmの高濃度な水素を発生させられることです。

従来の生成器は、濃度が1.0ppmを下回る場合が多く期待している効果が望めませんでしたが、1.4ppmの水素濃度であれば十分な効果が得られます。高濃度の水素水生成器なら「バンビ」が良いでしょう。

水素水バンビの良いところ、悪いところ

水素水タンブラーBambi(バンビ)の口コミ

水素水バンビの良いところ

  • 1.4ppmと水素濃度が高い
  • 生成時間が10分と短いから使いやすい
  • 2年間のメーカー保証付
  • 消耗品の交換が一切なし
  • 日本製で安心
  • 水素水バンビの悪いところ

  • 価格が少々高い(49,800円)
  • 5万円と聞くと少々高いように感じますが、生成器の中では平均的な価格です。

    もともと生成されている「アルミパウチ容器」と比較をすると高く感じられますが、長い目で見ると生成器のほうがコストがかかりません。

    ただし、水素水を試したことのない方がいきなり高価な生成器を購入するのは少々ハードルが高いように感じるので、まずはアルミパウチ容器に含まれている水素水の効果を実感した上で生成器の購入を考えても良いかもしれません。

    トップページにアルミパウチの水素水ランキングがありますので参考にしてみてください。

    水素水バンビはとても使い勝手が良く、性能も高い

    バンビは、とても使い勝手が良いこと、性能が高いことからとてもSNSなどでも人気があります。

    水素水は1.2ppm以上の含有量の製品でないとあまり十分な効果が得られません。

    生成器タイプの水素水はコスパが良いので購入している方も多いのですが、実際のところ効果的な数値を下回っていることがほとんどです。バンビであれば効果が得られる数値を満たしているので、期待している効果が望めます。

    また、使い勝手の良さもバンビの人気の秘密です。中には生成するまでに30分以上かかる製品もありますが、バンビはわずか10分とそんなに待つことなく水素を生成することができます。

    水素水は、毎日続けていくことでより多くの活性酸素(毒性酸素)を除去することができるので、使いやすさも重視して選ぶと良いでしょう。

    水素水バンビの詳細
    価格 49,800円(税別)
    水素濃度 1.4ppm
    おすすめ度 ★★★★★

    総合評価

    バンビは、あらゆる生成器の中でずば抜けて性能が良いです。水素発生量も十分ですし、使いやすさもばっちりです。

    多くの生成器は、使用していくうちに水素発生量が減少していくので、カートリッジを交換しなくてはいけないのですが、これに意外と費用がかかります。バンビであれば、フィルター交換や、カートリッジ交換が一切必要ないのでコスパもとても良いです。生成器を購入するのであれば、水素水バンビが良いでしょう。

    ポイント

    バンビは、コストを抑えて水素水を使用していきたいという方にぴったりの製品です。

    おすすめの水素水タンブラーBambi

    水素水タンブラーBambi(バンビ)

    • タンブラーで最高水準の水素濃度1.4PPM
    • 生成時間が10分
    • 消耗品・交換品がいっさいなし

    詳細を見てみる

    水素水タンブラーBambi(バンビ)の口コミ

    30代 会社員 女性

    今までパウチタイプの水素水を使っていましたが、経済的に考えてバンビの購入を決めました。使いやすいですし、とっても気に入っています。会社に携帯して持っていけるところも良いです。

    20代 会社員 女性

    以前使用していた0.7ppmの水素水生成器からバンビに乗り換えました。バンビを飲み始めて2週間ほどすると肌がきれいになりました。持ち運びもできるので非常に使いやすいです。

    40代 専業主婦 女性

    10分で簡単に水素水ができるので毎日続けられています。飲みたいときにすぐに飲めるのは本当に嬉しいです。便秘も解消して大満足です。

    アルミパウチ容器と生成器どっちがおすすめ?

    効果重視で選ぶなら「アルミパウチ容器」で、コスパ重視で選ぶなら「水素生成器」がおすすめです。

    下記は、水素濃度ととコスパを比較したものです。

    水素水濃度で比較

    アルミパウチ容器(トラストウォーター) 3.0ppm
    水素生成器(バンビ)  1.4ppm

    アルミパウチ容器の水素水は、生成器よりも1.5倍以上の含有量があるのでより効果的です。効果重視で選ぶならアルミパウチ容器の水素水が良いでしょう。

    コスパで比較

    アルミパウチ容器(トラストウォーター) 1本120円
    水素生成器(バンビ) 49,800円(最初のみお金がかかる)

    上記の数値では分かりづらいので回数で比較をすると、水素水バンビはトラストウォーター約300本分に相当します。毎日、水素水を1日1本飲むとすると「約10ヶ月」になります。

    10ヶ月以上継続していくようであれば、最初に少々高額な費用がかかりますが水素生成器を購入してみても良いかもしれません。

    このように価格、費用で比較をするのも良いですが、もうひとつ忘れてはいけないのは手軽さです。

    確かにアルミパウチ容器の水素水は、コスパで比較をすると生成器よりも高くなりますが、あらかじめ生成されている製品なのでそのまま飲めます。生成器タイプの水素水は、少なくとも10分は待たなくてはいけないので、この待つことに関して少々ネックに思う方も多いと思います。

    「待つのが苦手だ」という方には生成器タイプの水素水は不向きかもしれません。最も大切なことは毎日継続して飲むことです。使用のしやすさも考慮した上で、自分に最も合ったほうを選択しましょう。