水素水アキュエラ7.0は、業界最高数値を誇る水素濃度「7.0ppm」の高濃度水素水です。

水素分子は、宇宙一小さい分子と言われているので、時間が経つにつれて容器から外へ抜けてしまいます。しかし、アキュエラ7.0はその場で水素を生成するので、作りたての高濃度水素水を飲むことができます。

こちら

「水素業界の中で、もっとも高濃度の水素水が飲みたい」ならアキュエラ7.0がおすすめです。日本医学でも利用されている最高濃度の水素水です。

アキュエラ7.0の良いところ・悪いところ

アキュエラ7.0

アキュエラ7.0の良いところ

  • 医療機関でも利用されている
  • 水素濃度が業界一高い
  • 一回あたりの単価が低い

アキュエラ7.0の悪いところ

  • すぐに飲み干さなくてはいけない

水素分子は、非常に小さいので時間が経つと外に抜けてしまいます。アキュエラ7.0は、専用のペットボトルが付いていますが、この容器では水素分子が抜けやすいため、生成後はすぐに飲み干さなくてはいけません。保存が効かない点がアキュエラ7.0の唯一の欠点だと言えますが、他社製品の水素水の場合でも、開けたら数時間で水素分子が抜けてしまうので、あまり差はないと言えるでしょう。

水素水アキュエラ7.0のココが凄い

アキュエラ7.0は、専用のペットボトルだけでなく、水素濃度をテストする判定試薬まで付いています。水素水の中には、水素分子が外に抜けてしまいまったく含まれていない劣悪なものもありますが、アキュエラ7.0はこの試薬により、しっかりと水素が含まれていることを確認した上で飲むことができるので、誰もが安心して使用できると言えるでしょう。

それだけでなく、水素濃度が業界一高いのが、アキュエラ7.0最大の特徴です。水素が多く含まれているものでも、「2.5〜3.0ppm」となるので、アキュエラはその倍以上の水素濃度になります。水素がしっかりと含まれていること、水素濃度が高いこと、がアキュエラ7.0の優れているポイントだと言えるでしょう。

水素水アキュエラ7.0の保存方法

水素水アキュエラ7.0は、専用ペットボトルに入れ、そのまま発生剤と水を混ぜずにしっかりとキャップをし、冷蔵庫に保存すると1週間ほど水素分子が抜けないそうです。

その際は、なるべく飲料をギリギリまで入れましょう。空気と水素が結びついてしまうと、水素分子がやや減ってしまいます。水素水を飲む直前に振って、生成することで保存も可能ですし、持ち運びにも便利です。

ただし、振って混ぜた状態で保存をすると、分子が外に抜けてしまうので気をつけましょう。必ず「混ぜずに保存すること」がポイントです。

アキュエラ7.0ppmスターターセットの詳細

価格 6,800円
内容量 30本
1本単価 226円
水素濃度 7.0ppm
保存期間 なし
おすすめ度 ★★★★★
水素水アキュエラ7.0の総合評価

多くの水素水には保存期間があり、おおよそ3〜4ヶ月となるケースが多いのですが、アキュエラ7.0は半永久的に使用できます。つまり、保存期間はありません。

ミネラルウォーターはもちろんですが、ジュースや、コーヒー、紅茶、お茶などの飲み物に混ぜて使用できるので、非常に飲みやすく使用がしやすいです。

持ち運びも可能なので、旅先や、仕事先でも水素水を簡単に生成して飲むことができます。

アキュエラ7.0は、従来の水素水とはまったく違う、新しいタイプの高濃度水素水だと言えるでしょう。

おすすめの水素水「アキュエラ7.0」

アキュエラ7.0

  • 業界最高水準の水素濃度7.0PPM
  • 水素キットで作りたての水素水
  • 1個あたり226円

現在プログラム停止中のため、7.0ppmの高濃度水素水はセブンウォーターがおすすめです。

アキュエラ7.0レビュー

アキュエラ7.0水素水は、ペットボトル内に圧力をかけて水素を発生さんせるため、キャップを開けた瞬間に「プシュっ」と音がします。

飲料に圧力をかけることで、溶媒が溶けて高濃度の水素水が発生します。

実際にアキュエラ7.0を使用してみた体験レビュー

アキュエラ7.0の口コミ画像

実際に使用してみたところ、専用の発生剤をカプセルに入れてペットボトルに入れるだけなので、意外と手間に感じませんでした。

アキュエラ7.0の口コミ画像

10〜15分ほどすると、中からぶくぶくと泡立ち、目で確認できるほど水素ガスが発生していました。他社の製品は、もともと水素分子が水に圧縮されているものが多いので、本当に水素が含まれているのかの判断が難しいですが、アキュエラ7.0は水素の発生を目の当たりにできるので信頼性が高いと感じました。

アキュエラ7.0の口コミ画像

アキュエラ7.0は生成して直ぐに、「5.0ppm」の水素が発生します。実際に、付属で付いている「溶存水素濃度判定試薬」を使用してみたところ51滴で色が変化したので、水素濃度が5.1ppm含まれていることを確認しました。数多くの水素水が販売されていますが、水素濃度が「5.1ppm」発生するものは、ほとんどありません。水素水アキュエラ7.0の品質の高さを感じました。

アキュエラ7.0の口コミ画像

水素水アキュエラ7.0は、24時間以上保存をすると水素濃度が7.0ppmに達します。最高濃度に達するとさらに効果が高まります。専用のペットボトルも2本入っているので、1日1本ペースで飲むことができるのも良いと感じました。

使用して実感した水素水アキュエラ7.0の効果

アキュエラ7.0の口コミ画像

アキュエラ7.0は、自分の好きな飲料水で作れるので、飽きずに一ヶ月間続けられました。

水素水を飲む以前は、1日に3回程度しかトイレに行かなかったのですが、水素水を飲んで数時間経過するとトイレに行きたくなりました。その日は、合計で7、8回トイレに行き、身体の毒素が排出されているようでした。

前日の毒素が抜けたのか、翌朝はとても身体がスッキリとし、仕事の疲れがまったく溜まっていなかったです。一週間の後半になると栄養ドリンクを飲んで仕事に行っていたのですが、最近は飲まなくても身体の調子がいいので、これもアキュエラ7.0の効果かなと思いました。

アキュエラ7.0水素水を飲むようになって、明らかに身体の疲れを感じなくなりました。

水素水アキュエラ7.0は高い!?

最初に、水素水アキュエラ7.0はやや高いといった印象を受けましたが、30包入っているので1個あたりの単価は「225円」と、他の水素水よりも低価格です。

2リットルペットボトルに発生剤を入れると、「2.7ppm」の十分な量の水素ガスが発生しました。4人家族の場合、一人当たり500mlの量の水素水が「56円」で飲めるので、かなり低コストで水素水を飲むことができます。

水素水アキュエラ7.0の実際の口コミは?

27歳 会社員 女性

リピート購入しました。アキュエラ7.0を飲むのと、飲まないのとでは身体の軽さがまったく違います。一ヶ月で効果を感じたので、今度はアトピーも良くならないかと思い、2箱追加で購入しました。3ヶ月続けたあとの効果が楽しみです。定期購入で購入すると、安くなるのでおすすめです。

32歳 会社員 男性

アトピーや強い蕁麻疹の体質だったのですが、サイトで紹介されているアキュエラ7.0を利用した水素風呂に浸かるようになってほとんど出なくなりました。体も疲れにくくなり、肌の調子も良くなりました。これらかも、購入します。

40代 主婦 女性

飲み始めて一週間で便秘が治り、体も疲れづらくなりました。重度の便秘症の私でも効果があったので驚きでした。これからも続けて飲んでみようと思います。

こちら

アキュエラ7.0は、非常にリピートで購入しているかたが多いです。公式サイトにも、記載がありましたが、翌月のリピート率「93%」は本当のようです。単価・効果ともに、満足度の高い水素水だと言えるでしょう。

アキュエラ7.0は24時間保存してから飲むのがおすすめ

本商品の説明書にも記載がありますが、発生剤を入れて24時間経過すると、最高濃度の「7.0ppm」に達します。発生剤を溶かしてから、すぐに飲むと水素濃度は、「5.0ppmほど」なので、一日置いてから飲むのがおすすめです。

パウチタイプのトラストウォーターも、水素濃度が高い商品だと言われていますが、こちらの場合でも「3.0ppm」となるので、アキュエラ7.0はその数値をはるかに超えています。

待つのが面倒だというかたでも、水素濃度「5.0ppm」でも十分な数値なので、そのまま飲んでも水素の効果が十分に感じられることでしょう。