水素水には様々な効果があり、二日酔い改善にも期待が持てます。

二日酔い防止には、秋ウコンが良いとされていますが、水素水にはこれを上回る肝臓機能の向上がみられます。二日酔いによる、頭痛、だるさ、吐き気を感じやすいかたは、水素水を試してみると良いでしょう。

二日酔いに関する水素の効果

お酒を摂取すると、アルコール分解により、アセトアルデヒド(毒)に分解されます。それが、さらに酢酸へと分解され、最後に水と二酸化炭素に分けられて体外へ排出されます。

このアセトアルデヒド分解酵素は、主に二日酔いの原因と言われています。非常に毒性が強いため、エネルギー原であるミトコンドリアを減少させ、さらに体内で毒性が強い悪玉活性酸素が増加します。

こちら

水素水には、この悪玉活性酸を除去する非常に高い抗酸化力があり、二日酔い改善、肝臓病改善に有効だと言われています。

水素水のお酒に関する嬉しい効果

水素水の効果 二日酔い

禁酒をしなくても肝臓病が治る

アルコールを摂取すると、酸化作用の高い悪玉活性酸素が増加し、肝臓病に繋がってしまいます。水素水は、この活性酸素を中和し、水に変える抗酸化作用があるので、肝臓病の予防・改善に効果があります。

安物ウィスキーが高級ウィスキーに

ウィスキーだけでなく、焼酎、ブランデーを水素水で水割りすると高級酒に変わります。水の質がとても良いため、肝臓に優しいお酒に変身するのです。肝臓機能が改善され、節約にもなるので、まさに一石二鳥になると言うわけです。

二日酔いにならない

お酒を飲むことで、血管が膨張し、ストレスが軽減されます。しかし身体がお酒を毒素だと認識し、毒素を分解しようと、大量の活性酸素が発生します。活性酸素が増加することで、頭痛、めまい、吐き気などの二日酔いの症状がでます。水素水を飲むことで、活性酸素を除去することが出来るので、二日酔いにならないのです。

お酒を飲んだ翌日のむくみが軽減する

お酒を大量に飲むと、血管が膨張し、水分の通り道が狭くなり、顔や手、足などの身体全体がむくみやすくなります。水素水を飲むことで、身体全体の細胞が活性化され、お酒を飲んだ翌日でも身体がむくみづらくなります。

肌荒れ防止

お酒による肌荒れは、活性酸素が肌細胞を酸化させてしまうことが原因です。酸化した肌は、バリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなります。その結果、吹き出物やにきび、乾燥と言った症状に繋がってしまうのです。

水素水でお酒をリセットできる

ある程度の量のお酒であれば、血管の流れがスムーズになり、ストレス改善になるので体にとってそこまでの悪影響はありません。しかし、限度を超えたお酒の量は、体に悪影響を及ぼします。お酒はなるべくコップ1杯で抑えることが理想的です。

分かってはいても、ついついお酒が進んでしまいますよね。飲んだ分のお酒は、水素水でリセットすることができます。水素水は、お酒を飲んで増加した活性酸素を除去するができるので、お酒を効率的に排出できるのです。

水素水と活性酸素の関係性

水素水は、なぜ活性酸素を除去することが可能なのか。もちろん水素だけでなく、活性酸素を除去することができる抗酸化物質は多くあります。たとえばビタミンCや、ビタミンE、最近話題のプラセンタも、活性酸素を除去する抗酸化力があります。

しかし、ビタミンなどの抗酸化物質は、分子が大きく細胞の中まで入りこむことができないのです。しかし水素分子は、ナノレベルの小ささなので、細胞の奥に入りこんでいる、活性酸素を除去することができるのです。

ポイント

水素水は、非常に小さい分子と抗酸化力の高さがあり、あらゆる抗酸化物質の中で最も高い還元力があるのです。

水素水は正しく選びましょう

水素水は、分子がとても小さいため、水素が容器を通り抜けてしまうというデメリットがあります。中には、水素分子が抜けてしまい、あまり効果が望めない水素水もあります。

それに加え水素水は、普通の水道水と見た目が変わらないため、本当に水素が含まれているのか見ただけでは分りません。水素量を計測する専用の機械もあるのですが、わざわざ購入して調べるのは、抵抗がありますよね。

このように見分けの難しい水素水を正しく選ぶためのポイントや、ランキングがトップページに記載されているので参考にしてみてください。